甘い秋


海外のお菓子はとてつもなく甘くて、
その大胆な風合も魅力だと思います。

かたや日本では体に優しい原料で、
卵、クリームやバター、ミルク等の動物性乳製品、また白砂糖を使わない、といったケーキが増えてきて、
味も食べ応えも良いものがたくさんあります。
そして、何やら日本人(または私?)の体質に合うと感じます。

それで私も少しずつ興味が広がり、
そういう製法のお菓子作りも少しずつしていきたいと思います。

「バノフィーパイ」
という、
英国のボリュームたっぷりなケーキがあるのですが、
これはコンデンスミルクをキャラメル化させて作る、
甘党の夢、の様なものです。


まだ初心者の私ですので、
このバノフィーパイ(パイといってもタルトの様なケーキです)の一部を植物性化してみることにします。



・バノフィーパイ
小麦杯芽入りタルト生地(卵、バター不使用)に
蕎麦粉入りダマンド(卵、バター不使用)を乗せ焼き上げ、
ことこと煮たコンデンスミルクのキャラメル生地を流しこみました。
かぼす入り自家製ヨーグルトクリームをかけていただきます。


私の大好きな(けれどあまり行けない)ケーキやさんの描写術?を意識して書いてみました。。
伝わったかな?


water

Trackback

Trackback URL
http://petitlele.blog48.fc2.com/tb.php/295-6fcb5ce0

Comment

Comment Form
公開設定

petit

プティレレ

Author:プティレレ
二人の合言葉 ~ カフェ、旅、うた ~

article
calendar
カウント
CURRENT MOON
ツナガル
このブログをリンクに追加する
トモダチ

この人とブロともになる