ある日を終えて


久しぶりにいくるくんと小さなステージに立ち(座り)ました。


私の遠い知人にポエトリー(詩の)リーディング(朗読)と唄をもう10年は続けている方がいます。(本業はお裁縫とご夫婦で出版社)


その雰囲気とはまた違う、
ピクチャーブック(絵本)リーディングと唄、という感じでした。
私はこういうの、いいなぁと思っています。

コーヒーを手に、
ハーブティーを手に、
思い思いに過ごせるような時間と音楽があればいいんだけど。

ステージが終わり
千葉まで帰ってきて夜中にそんなことをとろとろと思いながら。


自然から摘んできたままみたいなハーブの葉っぱに
お湯を一気に注ぐと、

綺麗な緑色と
葉っぱが開いていくのが何やら汚れを流してくれそうで夜中にじわっと神秘を感じてしまいました。

スーツ姿のいくるくんはどんなことを思ったのだろうか?


Trackback

Trackback URL
http://petitlele.blog48.fc2.com/tb.php/272-90ad1ef6

Comment

water | URL | 2013.05.01 07:37
ふむふむ 確かに わかる気がする
いくる | URL | 2013.04.29 21:25
自由にやりたいんだけど、しっかり土台を作らないと自由も謳歌できないんだな、と感じた次第のスーツのAOKI、でなかった、いくるでした。
Comment Form
公開設定

petit

プティレレ

Author:プティレレ
二人の合言葉 ~ カフェ、旅、うた ~

article
calendar
カウント
CURRENT MOON
ツナガル
このブログをリンクに追加する
トモダチ

この人とブロともになる