面白い語源


前回の写真に
「春のシルエット」と名付けましたが、
はて?
シルエットのスペルってどうだったかしら?


そういえばシルエットっていいますけれど、
英語で書けますか? あれ?


シルエットっていう音、英語っぽくないかも…
と思ったら、やはり シルエットはフランス語です。
語源にまつわるストーリーがあります。
1700年代のフランスの大蔵大臣。
彼が大変な倹約政策を唱えます。
その政策の中にはこんなものまでありました。

「肖像画も黒影だけで十分ですね」

!!

影だらけの肖像画… 現代アートみたいで面白いですが、


そんな影だけ政策の発案者、
倹約大蔵大臣の名がシルエットさんでした。。

正確には
スペルはsilhouetteでした。

Etienne de Silhouette氏より。

Trackback

Trackback URL
http://petitlele.blog48.fc2.com/tb.php/261-67e19595

Comment

Comment Form
公開設定

petit

プティレレ

Author:プティレレ
二人の合言葉 ~ カフェ、旅、うた ~

article
calendar
カウント
CURRENT MOON
ツナガル
このブログをリンクに追加する
トモダチ

この人とブロともになる